鉱山索道のバケットを作る2

まずはDMM.makeのアクリル出力終了につき、今後、代替出力が出るまで出力出来ません…。 代替品は柔らかかったり、脆かったりと使い勝手が悪そうです。 ハンガー部?というのでしょうか。 補強の形を二種類作り分けましたが、しっかり出ています。 早速、塗り分けて組み立てました。 黄色と赤褐色で塗ってみましたが、どんな塗料が…

続きを読む

鉱山索道のバケットを作る1

この度、古河足尾歴史館に保存された鉱山索道のバケット。 オープンと同時に採寸しに行きました。 実際、間近で見るとやはり大きいです。 このバケット、一つで重量は1.5t程度あるそうで、保存するにも一苦労ですね。 ちなみに、積荷としては1t程度積めるようです。 帰ったら早速モデリングを開始…。 毎日夜、2~3時間。約一週間ほ…

続きを読む

KATO HO DE10のヘッドマークを作る

かなり今さらではありますが…。 さようなら北王子支線のヘッドマークが可愛くて、貨物キャンディーの空き缶を購入。 スキャンして、印刷して貼りつけてみました。残念ながらワム、我が家に居ないですが…。 もう6年前なのですね。 こちらは、一緒に取り付けられた「ありがとう紙輸送列車」 実際に取り付けられたのは、リニューアル車?更新車?のようですが、国鉄色でもいい感…

続きを読む

KATO HO キハ28/58の平窓スカートを作る3(車体を九州色に塗ってみよう)

せっかく、平窓用スカートを製作したので、九州色にしようと…。 綺麗に塗られた製品にサーフェイサーを吹くのって、いつも躊躇します。 で、サーフェーサーでグレーに。 サーフェーサーを塗装してしまえば、もはや後戻り出来なくなるので、諦めがつきますね。 オフホワイトっぽい感じに塗装して、から帯部分をマスキング。青を吹きます。 半分、願いながらマスキン…

続きを読む

KATO HO キハ28/58の平窓スカートを作る

スカート付のキハ28/58いいなぁ~。 おっ、キハ65のスカートを取り付ければ…。 と、思ったのですが、基本的にスカートが付くのはパノラミックウィンドウの車両だそうです。 肝心のKATOのキハ28/58は平窓車のみ。 平窓車でスカート付って無いの?と検索すると、四国、九州には居たそうです。 で、キハ65のスカートを元にさっそくモデリング。 キハ65のスカートに比べ…

続きを読む

KATO HO キハ58ヘッドマーク(磁石式)を作ってみました

磁石式の試作品が届きました。 まずは車体内側にある運転席パーツの凹みに土台を差し込みます。 少しキツめなので、押し込む形になりますが、それでもキツい場合は無理せず削って入れます。 続いてハイキューパーツのネオジム磁石を埋め込みます。 https://www.hiqparts.com/product/388 仮組なので、セロテープで外れないようにし…

続きを読む